白井晟一の建築

懐霄館(かいしょうかん)

品切

編著:白井晟一研究所

定価(本体1500円+税)
■A4判変型/特殊製本・フィルムカバー装/48頁カラー
■ISBN978-4-8397-0153-6 C0052
■2013.6

没後三十年をむかえ、白井晟一の建築と思想が改めて注目されている。
新たな解析が進みつつあるなかで、その建築作品の今日的な意味を問う。
シリーズ第一集は晩年の大作「懐霄館」(長崎県佐世保市)の圧倒的な存在感、そして細部までこだわりぬいた建築家の意匠をカラー写真で伝える。
白井昱磨氏解題。
「二つの小さな美術館」「滴々居と虚白庵」「住宅建築集」など、続刊予定。



白井晟一(しらい・せいいち)
建築家。1905年京都生まれ。秋ノ宮村役場、松井田町役場、善照寺で高村光太郎賞、親和銀行本店で毎日芸術賞、芸術院賞などを受賞した20世紀日本の代表的建築家の一人。
ヒロシマ、ナガサキの悲劇の経験から生まれた「原爆堂計画」(1955)は核の文明に対する根源的な問いかけとして特筆される。他にノアビル、松濤美術館、石水館、呉羽の舎、虚白庵、昨雪軒などがよく知られる。
書、装丁にもすぐれた業績を遺し、エセー集に『無窓』(1979 筑摩書房、2010晶文社)がある。1983年没。

白井晟一研究所 Weblog
http://shiraiseiichi.jugem.jp/
白井昱磨(白井晟一研究所)Twitter
https://twitter.com/shiraiikuma
白井晟一研究所
http://www015.upp.so-net.ne.jp/ikuma666/

[アート] [白井晟一]

品切
shirai01_h550_72dpi.jpg

(画像をクリックすると拡大します)
zoomup.gif

facade25per72dpi.jpg

paysage25per72dpi.jpg

entrance40perc72dpi.jpg

shirai1.jpgshirai1.jpg

shirai002.jpgshirai002.jpg

shirai3.jpgshirai3.jpg

9784839701628.jpg9784839701628.jpg

和風の創造-表1.jpg和風の創造-表1.jpg

h500px_blanche.png