神の肉 テオナナカトル(新装版)

杉山明(AKIRA) 著

装丁(表裏)に、作家本人が制作した毛糸絵画『ネアリカ』を採用
定価(本体1700円+税)
■四六判並製/288頁
■ISBN978-4-8397-0152-9 C0093
■2012.11.

父がこの世にもどれないのなら、
僕があの世を訪れるしかない。

  • 憎むことも、許すことも、
  • 家族から教わる。
  • みんなそうなんだね。
  • AKIRA、ありがとう
  • ……田口ランディ

ボブ・ディラン、ローリングストーンズ、ティモシー・リアリー、そしてビートルズ……。60年代、多くの巡礼者たちを呼び寄せた魔法のキノコ、テオナナカトル。明は死んだ父と再開するために、その‘神の肉’を求めて聖地へと旅立った。幻覚サボテン・ぺヨーテの試練、2012年に人類の滅亡を予言したマヤの謎…50本もの神の肉を喰らい、ついに天国へのドアは開かれた…。峻烈なメキシコの風土と深遠な精神世界が、究極の癒しへと導くロードノベル。


[AKIRA(杉山明)特設ページ]

杉山 明(AKIRA)
作家、美術家。1982年渡米、アンディー・ウォーホールより奨学金を受け、ニューヨーク、アテネ、フィレンツェ、マドリッドなどで美術作品を制作し、世界40カ国以上を放浪する。93年帰国。AKIRA名義で『アヤワスカ!』、『神の子レラ』、『COTTON100%』、『神の肉 テオナナカトル』、『ケチャップ』など著作多数。

[日本文学(エッセイ・小説)]


0119-神の肉-72dpi.gif0119-神の肉-72dpi.gif
(画像をクリックすると拡大します)
zoomup.gif

cartonly_noir.gif

ketcup081402.jpgketcup081402.jpg
(晶文社のページへリンクします)

ページ更新日 2017-06-27

関連書

w85px_ffffcc.pngasiani.gifasiani.gifw85px_ffffcc.pngkamino.gifkamino.gifw85px_ffffcc.pngketchup.gifketchup.gifw85px_ffffcc.png

h500px_blanche.png