ハニーンちゃんのお人形

文 加藤ユカリ
絵 榧野ヒカリ

がんになったイラクの女の子と
日本人医師との心の交流

戦争で故郷イラクに帰れなくなったハニーンちゃんは、家族思いの心優しい女の子。がんにかかった彼女の命を助けたいと立ち上がった日本の加藤ユカリ医師が、ハニーンちゃんとの思い出を綴った絵本です。

推薦  鎌田 實
(医師、JIM-NET 代表)
「戦争のない世界では、子どもたちがニコニコ元気で、やさしく、友だちを大事にしています。そういう平和が、世界中にあふれたらいいなと、ハニーンちゃんも、きっとあの世でねがっていると思います。」(あとがきより)


■協力
スマイルこどもクリニックのスタッフ・JIM-NETのスタッフ
定価(本体1,200 円+ 税)
■B5判上製/ 56 頁/フルカラー
■ISBN 978-4-8397-0140-6 C8795
■2010.2

加藤ユカリ(かとう・ゆかり)
鳥取大学医学部卒業。小児科医。2001年、夫の加藤隆医師と365日、24時間体制で小児診療を行うスマイルこどもクリニックを開院。2005年からイラクの難民キャンプでの支援活動を行う。

榧野ヒカリ(かやの・ひかり)
鳥取大学教育学部卒業。1998年~2007年、鳥取県の小・中学校で英語教員として教壇に立つ。2002年イギリス・チチェスター大学で美術を学ぶ。現在、日本イラク医療支援ネットワークのスタッフ。

[児童書] [日本文学(絵本)]

ハニーンちゃんのお人形の書籍画像ですハニーンちゃんのお人形の書籍画像です
(画像をクリックすると拡大します)
zoomup.gif

cartonly_noir.gif