天国のお父ちゃんへ

梅澤義宣 著

定価(本体1200円+税)
■四六判上製/280頁
■ISBN978-4-8397-0136-9 C0095
■2008.5

敬愛する父への痛切なる鎮魂歌

父は本当の“人”だった。
父は“人であること”の天才だった。
僕も、父のようになりたい。
それが生きるってこと。それが全て。

人はこんなにも父親を
愛することができる。
家族の絆がほどけつつある現代
愛と真実と優しさで結ばれた
親子の生き様を是非じっくりと
読み取ってほしい。



梅澤義宣(うめざわ・よしひさ)
本名:梅澤克久(よしひさ)
1963年 群馬県佐波郡玉村町に生まれる。
1982年 群馬県立高崎高校時代、全国高校サッカー選手権大会に出場。
1988年 群馬大学教育学部保健体育科卒業
1999年 アクサ生命入社。以後、保険業を続ける。
2002年 それまで、人間教育の場として温め続けていたコンセプト「歩く人間塾」を企画
集団として結成し立ち上げる。
図南フットサルクラブを県内初の商業フットサル施設として成功させる。
農業とサッカーを通した心の教育を目指し、夢のような地域コミュニティーを創造するのが「歩く人間塾」の役割、と思い込んでいる。

[関連本]

150thumbnail.jpg150thumbnail.jpg

h500px_blanche.png