今日は死ぬのにもってこいの日

ナンシー・ウッド 著
金関寿夫 訳/フランク・ハウエル 画

定価(本体1700円+税)
■四六変形判上製/160頁 
ISBN978-4-8397-0085-0
■1995.9

カテゴリー
ネイティブ・アメリカン
・ロングセラー

インディアンの哲学が味わえる,詩と散文と絵の本
英語原文も完全収録

プエブロ族の古老たちが語る単純だが意味深い生き方を、彼らの肖像画とともに収録した全米ロングセラー。その詩は、無数の名詩選や教科書に転載され、追悼式や結婚式でも朗読されてきた。

「宇宙の流れの中で、自分の位置を知っている者は、死を少しも恐れない。堂々とした人生、そして祝祭のような死。ネイティヴアメリカンの哲学は、我々を未来で待ち受ける」
中沢新一氏推薦文より)

0085mihon.gif

ナンシー・ウッド
1936年生まれ。ニューメキシコ州のタオス・プエブロ・インディアンと30年以上の交流を持つ。詩・小説・ノンフィクション・写真など幅広い分野で活躍し、国営芸術基金からの文学奨励金のほか、多数の賞を授与されている。1977年には、彼女の詩集のひとつがピュリッツアー賞音楽部門にノミネートされた。代表作に『今日という日は贈りもの』(講談社)、『コヨーテを愛した少女』(パロル舎)など。

金関寿夫(かなせき・ひさお)
1918年、島根県松江市生まれ。同志社大学英文科卒。
教歴 同志社大・神戸大・都立大・駒沢大・その他を経て、城西大学女子短大部招聘教授。
著書 『ナヴァホの砂絵』(小沢書店)、『魔法としての言葉-アメリカ・インディアンの口承詩』(思潮社)、『現代芸術のエポック・エロイク』(43回読売文学賞・青土社)など
訳書 G・スタイン『アリス・B・トクラスの自伝』(筑摩書房)、G・スタイン『やさしいボタン』(書肆山田)、ドナルド・キーン『百代の過客』(朝日新聞社)など。

フランク・ハウエル
ネイティヴ・アメリカンの肖像画と細密な風景画で知られている画家。その作品は、アメリカ及びメキシコの美術館と画廊に広く展示されてきている。ニューメキシコ州サンタフェに在住。

[ネイティブ・アメリカン]

manywinters_obiarri0731.jpg

cartonly_noir.gif

morisan0085_1112.png

<森うたう一人語り>
「今日は死ぬのにもってこいの日」が
11月12日に開催されました!

日時:11月12日(日)17時30分
場所:イマジン語学スタジオ(兵庫県芦屋)

森うたう公式HP
http://www.utau.co.jp

森うたうオフィシャルブログ
http://moriutau.blog.shinobi.jp

『森うたう語りの世界』
今日は死ぬのにもっていの日
MANY WINTERS

森うたうさんが語る「今日は死ぬのにもってこいの日」の公演が2017年6月23日、24日、世田谷区北沢のCom.Cafe音倉で開催され、好評のうちに終了いたしました。
(YouTubeにて動画公開中 https://youtu.be/VDOVeSyfj7Q

杉浦日向子さんの未刊書評集集成
『江戸の旅人 書国漫遊』(河出書房新社、2017.4刊)
に「今日は死ぬのにもってこいの日」の書評が!

2017年4月末に河出書房新社から発売された杉浦日向子著、『江戸の旅人 書国漫遊』の中に(176-179ページ)、『今日は死ぬのにもってこいの日』が取り上げられた当時の書評が掲載されています。

強運のチカラ 思いどおりに自分を生きる
で紹介されました。

2017年2月末に小学館より発売された前田義子著、『強運のチカラ 思いどおりに自分を生きる』の中で(179-183ページ)、『今日は死ぬのにもってこいの日』が取り上げられました。

西田敏之さんの愛読書!
として
「今日は死ぬのにもってこいの日」が!

西田敏行さんが出演している映画『人生の約束』(石橋冠監督)の公開舞台挨拶で、『今日は死ぬのにもってこいの日』を紹介していただきました。どうもありがとうございます。

さらに詳しい情報は…
(東宝のウェブサイトにジャンプします)
盟友たちからの言葉に石橋監督、感無量!
「人生の約束」初日舞台挨拶(2016年01月09日)
https://www.toho.co.jp/movie/news/1601/03jinseinoyakusoku_sb.html

関連本

それでもあなたの道を行け』(ジョセフ・ブルチャック編 中沢新一・石川雄午訳)